メガネでも金属アレルギーになるの?金属アレルギーの対策方法をお教えします!


金属アレルギーってどんな症状なの?

視力が悪い人にとっては欠かすことの出来ないマストアイテムのメガネ。毎日身に付けるアイテムであるだけに、出来る限り快適に身に付けたいですよね。そこで注意しておきたいのがメガネのフレームによる金属アレルギーです。耳はほとんど金属に触れることのないデリケートな場所であるため、金属アレルギーを引き起こしやすいとされています。金属アレルギーの症状としては耳の裏の痒みや、こめかみ部分の炎症、痛みなどが挙げられます。特にメガネを買い替えた際に金属アレルギーは起こりやすいので、新しいメガネを身に付けてすぐに症状が現れた時には金属アレルギーを疑ってみましょう。

金属アレルギーが気になる人のフレームの選び方

なるべく避けたい金属アレルギーですが、金属アレルギーを引き起こしにくいとされているフレームを選ぶことで発症の可能性を下げることが出来ます。金属アレルギー対策として今もっとも人気を集めているフレームが「チタンフレーム」です。チタンは金属アレルギーの原因となる「イオン化」を起こしにくい素材であるため、金属アレルギーを予防するのにはもってこいの素材なのです。

また、プラスチックフレームも金属アレルギーを気にしている人から支持されています。とは言え、これまでに使っていた愛着のあるメガネを買い替えることに抵抗がある人もいますよね。そういう人はフレームにコーティング加工を施したり、シリコンやゴム製のチューブをフレームの耳あての部分に装着したりすることで、金属アレルギーを予防することが出来ますよ。

メガネとは、目の周辺に装着する器具のことです。装着者の目の屈折異常を矯正したり、目を保護することが可能です。近年では外観を整えるために装着する用途も見られるようになりました。