電子タバコは普通のタバコと比較してどこが違ってどこが良いの!?


普通のタバコとの違い

電子タバコは禁煙グッズの一つで、日本だけではなく世界各国で使われているタバコです。特徴は電気を使って作り出した水蒸気を吸うところです。通常のタバコは火を先端につけて、出てくる煙を吸いますが電子タバコは火を使わないので火災の心配が少なく、更に水蒸気を吸うことでタバコより臭いが少ないと言われます。また、タバコを吸う場合は火をつけてシャグを燃やすため、吸うと歯がヤニ汚れによって黄ばんだり、壁紙が黄色くなったりベタ付くこともあります。しかし電子タバコならそのようなことも少ないです。このような従来型のタバコとは違った魅力があるため、禁煙のために電子タバコに切り替える方もいます。

フレーバーを変えることも可能

その他の違いとして、フレーバーを変えられる点が違います。普通のタバコは銘柄を変える事で喫味を変えますが、電子タバコはフレーバーリキッドを変えることで行います。味を変えられるので電子タバコを吸っていて飽きる事を減らす事ができ、味を変えてその変化を楽しむ事も出来ます。タバコの銘柄並みに多種多様なフレーバーがあるので、電子タバコを買ったら色々と味を変えて好みのものを発見してみてはいかがでしょうか。ちなみに、外見上も普通のタバコとは違います。電子タバコはボールペンのようなデザインの物が多く、見た目もスタイリッシュなデザインの商品が販売されています。また、副流煙も少ないと言われていますので、周囲の人の目を気にされる方にも電子タバコはオススメです。

ニコチンリキッドは日本国内では販売が禁じられているため、必要な場合は海外から個人輸入する必要があります。